長い一年でした。

去年の今日、6月16日
ミッキーが今、治療に頑張ってる自己免疫疾患を発病してしまいました。
c0166622_16262437.jpg

お昼寝から覚めたら、何だか様子がおかしくて、
小刻みに体を震わせ、空嘔吐はするし、べったりママにくっつくし・・・
慌てて病院に行きました。
熱が39,6度もあって、風邪かな?って事で、点滴をして、薬を貰って帰りました。
夜にかけて嘔吐を何度かしたものの、徐々に元気も出て食欲もあり、
土曜日に診察を受けら、今のところ、取り立てて異常はないって言う事で
安心していました。
ところが、21日の夜からまた急に容態が悪くなって、
次の日は、掛かり付け医がお休みという事もあり、違う病院に行き、
今までの経緯を話したら、血液検査をしてみましょう…って事になり、
自己免疫疾患の多発性関節炎の疑いという病名を告げられました。
治療をするに当って、パピーの頃からミッキーを診ている先生の方が良いだろうと
その先生が、かかりつけの病院の先生に相談してしてくださり、
次の日いつもの病院でまた検査をして、話を聞いてステロイド治療を初めました。

初めの治療では直ぐによくなって、親もそんなに心配はしなかったんです。
でも、約2ヶ月で再発。
またステロイド剤の治療、ステロイド剤はよく効いてまた程なくよくなって、
安心していたら、3ヵ月で再発。
二度目の再発はとてもショックでした。
ステロイド治療でだいたいの子はよくなるらしく、
全体の二割くらいの子が、一生薬を飲み続けなければならないとか…
ミッキーはその二割に入ってしまったんでしょうか・・・可哀想に。
ママは再発と聞いた瞬間から涙が止まらず、
ミッキーが可哀想でずっと泣いていました。
ミッキーを抱きしめて、泣いて泣いて泣いて・・・
その時パパが、これがミッキーの運命ならしっかり受け止めてやって
自分達が大事に育ててやればいいんじゃないかって言ってくれたんです。
なんだかその言葉に救われた気がしました。
それから、病状は一度はかなり悪かったりもしましたが、
ストロイド剤と、シクロスポリンという薬の投与でよくなりました。
今も、シクロスポリンは隔日で飲んでいます。、

これから先はまだ分りませんが、時々は旅行に行ったり、ランで走ったりも
しているので、
今は、それをよしとしてミッキーとひなとで明るく過ごしています。
治療はこれからも続くと思いますが、頑張っていきます。
これからも、ミッキー・ひなをよろしくお願いします。
c0166622_17345273.jpg

[PR]
by mickey_hina | 2010-06-16 17:35 | ミッキー

仲良し姉妹ミッキー・ひなの、楽しく過ごす日々を紹介


by mickey_hina